ヤマト運輸の働き方改革 | アンカーキャストとはどのような働き方?

近年、日本企業が直面している課題として「少子高齢化による生産年齢人口」の減少による人手不足が挙げられます。

その他に、時代の変化と共に多様化する「働くスタイル」などの変化に対応していく事も今後の企業の課題と言えるでしょう。

今回はそんな企業の課題や人手不足に対する、ヤマト運輸発の新たな働き方『アンカーキャスト』をご紹介致します。

スポンサーリンク

アンカーキャストとは

アンカーキャストとは、”午前中の時間を自由に過ごしてもらい、午後から配達ドライバーとして働いてもらおう”という仕組みです。

育児や家事、家族の介護、また資格取得の勉強や趣味の時間として自由な午前中を家族や自分の時間として使うことができます。

家事によって朝から仕事はできない。働きながら趣味の時間も大切にしたい。働きたいが資格勉強との両立が難しい。

といった声も多い中で、今の時代の労働人口のニーズに合わせた働き方改革とも言えるでしょう。

アンカーキャストの魅力と選ばれる理由

アンカーキャストの魅力として6つのポイントが挙げられます。

  1. 午前中が自由に使える「午後勤務」
  2. 原則禁止「残業なし」
  3. 「配送中心」の業務内容
  4. 「月給制」で安定収入
  5. 充実した「福利厚生
  6. 安心サポートの「安全運転研修」(普通OK・AT限定)

実際のアンカーキャストとして働いている方の声として以下の内容がありました。

  • 午前中の時間を自由に使うことができ、休暇もしっかり取れるため生活が充実しています。
  • ドライバーは1人で働くというイメージが強くあったが、チームや仕事仲間のサポートが手厚く安心して働けています。
  • アンカーキャストに出会えたことで、趣味や夢を追いかけながらも生計を立てることができています。

その他、アンカーキャストの働き方動画はこちらからご覧下さい。

http://www.kuronekoyamato.co.jp

もうひとつの宅配業者、佐川急便での働き方

SGホールディングスグループでは、女性従業員の活躍推進のために女性の職域の拡大や管理職への登用を積極的に進めています。

2014年5月には、女性が主体的にビジネスに参画して事業や業務に取り組んで貢献した取り組みを表彰する「ワクワクアワード」の開催も行なわれました。

その他にも女性キャリア支援フォーラムの実施など、働く女性にフォーカスを置いた政策が行なわれています。

女性の働き方に対する世の中の意見が多い中、これもまた働き方の変化に対応した結果だと言えるでしょう。

子育てサポート企業『くるみんマーク』取得

佐川急便は、2014年5月15日付けで厚生労働省より「子育てサポート企業」として認定を受けたことにより『くるみんマーク』を取得しました。

くるみんマークとは

「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。

次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。

引用元:厚生労働省ホームページ

このような政策や企業の子育てサポートの充実は、子育てで社会復帰がしにくいという女性のイメージの払拭にも繋がっていきます。

これからの時代の若者の働き方として、男女問わず家族や自分のために使える時間を大切にした上で職場での役割を果たすことができるようなライフワークバランスを築いていくことが大切でしょう。

今後も企業によるライフワークバランスへの取り組みに期待していきたいものです。

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!