自分の強みを見つける方法はこれ!過去の自分の行動から『自分の強み』を見つけよう!

  • 自分の強みを見つけたい
  • 強みを生かした仕事や活動をしたい
  • 具体的に自分の強みを見つける方法を知りたい

本記事ではこういった方の気持ちにお答えします。

こんにちは〜!傘グラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

自分の強み。うまく見つけられないですよね。
友達や、先輩、家族等々自分の周りでよく知っている人や、尊敬できる人なんかの強みは、言葉にすることも結構容易にできることと思います。

でも、これが自分のことになると、なかなかに難しい!!

そんな方に向けて、本記事では苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」という著書より、自分の強みの見つけ方をご紹介します。

就活に向けて悩んでいたり、自分の色を生かしてこれからの仕事や人生を進めていきたい方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自分の強みを見つける方法はこれ!

なかなか見つけにくかったりする自分の強みですが、本書では大きく2つの形で捉えられています。

〝強み〟とは、自分の「〝特徴〟とそれを活かす〝文脈〟がセット」で初めて発揮させることを思い出して欲しい。

p.118

この〝特徴〟を見つけ出すために、まずは〝文脈〟から考え出すことが大切です。
自分の人生においての文脈とはどういったものでしょうか?

人生の中における〝文脈〟

文脈とは、簡単に言えば、自分が行ってきた行動になります。
今まで生きてきた人生の中での行動=文脈の中に、自分の特徴が隠されています。

自分が今までやってきた行動を可能な限り限界まで思い出してみましょう。

僕の例を簡単に挙げると

  • 本を読むことをはじめた
  • 写真を撮るようになった
  • バリ島に一人旅をしにいった
  • ギターを弾くようになった
  • ブログを書くことにはまった

こんな感じで、自分がやってきたことがいくつか挙げられると思います。
この文脈、すなわち、今まで行ってきた行動の中に、自分の〝特徴〟が隠されているんです。

”自分が好きなこと”に注目

ここでポイントとして、自分が社会との関わりで気持ちよかった文脈にポイントを絞ります。
今までの人生の中で自分が好きなことをしていた時だけを考えるのです。

上記の例でしたら、読書が大好きで、写真を撮ったり、ギターを弾いたり、ブログを書いたりといったクリエイトするようなことが好きなことがわかります。

また、海外に一人旅に行ったことから、一人で何かするの好きだよね、とか、海外行くの好きだってこと、南国愛してんじゃんってのもわかります。なんか軽い男ですねw

こんな風にして、自分が生活してきた中で心地良かった瞬間、つまり、好きなことを行っていた時。そこに、自分の強みとなった特徴が隠されています。

無意識的に選別された

このように好きなことを挙げてみることは、自分の性格を知る上でものすんごいほどに合理的です。

自分の性格や傾向に合わせて、無意識的に嫌いなものや生理的に無理や!ってものが排除されているわけでして、本当に自分に合ったものがわかります。

今の君の好き嫌いは、君が元々持って生まれてきた特徴の反映と言えるし、好きなことは君が歩いて来た文脈において、〝強みとなった君の特徴〟の集積だと考えれば良い。その莫大な実験データの経験則で好意的に選び出された、君の撮って好きな「〜すること」こそが、君に良い結果をもたらしたに違いない。

p.119

これみて、なるほどすぎる!とかなり同意しましたw

やっぱり、僕らが約20年ぐらい生きてきた中でも、自分の中に莫大なデータが残るわけで、そのデータをもとに、自分に合う合わないを無意識的に制御しているなら、それにしたがって出てきた答えこそが本当に自分が求めるものな気がしています。

そういう意味では、直感的に感じることで導き出した決断なんかは、こういったことに繋がってくるのかもしれませんよね。経験大事やわって思います。。。

”動詞”にのみ着目しよう

本書では、「〜すること」といった自分が今まで好きだったことを考える際に、名詞は一切考えないことを勧められています。

バックが好きとか、ナイフが好きとか、そういう「名詞」入らない。必要なのは「動詞」だ。

p.119

ですので、自分が好きなものから考えるとするならば、その好きなものに対して、どう行動を起こして来たのかを考えていくと、きっと自分の特徴が見えてくるはずです。

僕が好きなものは以下のもの

  • 写真
  • 飛行機

こういった名詞しか思い浮かばない方は、この好きなものに自分がどういった気持ちで楽しんだり、好きだなと感じる瞬間があるのかを考えてみましょう。

  • 本→読書をすることが好きで、新たな知識を知れたり、それを行動に移して生活が変わることが好き。胆汁んに本屋さんとか、自分の本棚にたくさんの本が並ぶのを見るだけでも楽しい。
  • 写真→写真を撮って、自分が思い描く世界や、自分の理想の雰囲気、瞬間を表現することが楽しくてたまらない。単純に立体感をきちんと捉えて、本物かのようにリアルに綺麗に撮ることも楽しい。
  • 飛行機、空港→飛行機そのものに乗って、新しい場所に行ったり、飛行機を眺めてかっこよさに癒されることが好き。また、空港や機内で働く人の姿や、なんとも言えない空港機内の雰囲気が好き。

自分の好きなことを行動から考えてみると、より具体的に自分を知っていくことができます。

過去の自分の行動から『自分の強み』を見つけ、人生の選択肢を広げよう

自分の強みを見つける方法をまとめると

  1. 強みには”特徴”とそれを生かす”文脈”がある
  2. まずは”文脈”の中から自分の”特徴”を見つける
  3. 自分が好きなことをしている時を考える
  4. その中に自分の特徴が隠されている
  5. 名詞ではなく動詞のみに着目して特徴を見つけ出す

 

自分の特徴をしっかり理解して、それを生かしながら突き進める人ってやっぱり強いですし、好きなことができている印象です。

この時代必要と言われる”セルフブランディング能力”を身に着けるためにも、まずは自分の強みを理解することから始める必要があります。

本記事や、本書を参考にしながら、就活やこれからの人生に向けて、自分の土台作りを一緒に固めていきましょう!
面白い未来作り出していきたいですね!

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!