【桜ポートレートのコツ】桜と傘写真を撮って学んだことをシェアします

こんにちは〜!傘フォトグラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

  • 桜と一緒にポートレートを撮るコツを知りたい!
  • 桜の綺麗な写真を撮りたい

こういった方の気持ちにお答えします。

僕は普段、自分の作品として傘を被写体に写真を撮っています。

今年傘写真を撮りはじめて初となる春を迎えました。
今まで桜でのポトレは色々撮ってきましたが、傘写真となるとまた別の視点も必要になります。

本記事では、今までのポートレートで学んだことや、傘写真で気づいたことなどから撮影のアイデアをお伝えしていこうと思います。

まだまだ自分でも完璧ではないので、自分の備忘録的な要素も強いですが、僕のように悩まれている方と方法を共有できたらといった感じです。

結論として、絞りに一番気をつけた方がよかったと感じています。

f値ともいったりしますが、いわゆるボケ具合をきちんと自分で使い分けができるかどうかです。これによって、自分の傘写真もいまいちになってしまった部分がありました。

スポンサーリンク

実際に傘写真を撮って学んだことをシェアします

冒頭でもお話しした通り、傘を被写体に写真を撮っていますが、傘写真を撮るとなると、ただのブツ撮りという考え方ではなく、ポートレートのように写真を撮る意識が必要になります。

今年撮った桜写真

参考までに、下記の記事では今年撮った桜写真をまとめてご紹介させていただいています。

[kanren postid=”809″]

今までの桜の写真

今よりもさらに未熟な頃の写真ですが、この頃撮っていて感じたことと、今年桜との傘写真から、何個かポイントやコツを見つけ出しました。

桜写真のポイント

学んだポイントは以下です

  • 桜が画面にきちんと入ること
  • どれくらいの”桜”が画面に入るかを考える
  • どれくらい”ぼかす”かを考える

この辺りが結構影響しやすいかなと思っています。

桜が画面にきちんと入ること

すごく当たり前のことですが、桜をしっかり画面に入れてあげましょう。
でも、撮りたいものがあると、うまく入り込んでなかったりもしちゃいます。

僕の場合を例に出します。

傘写真を撮るとなるとどうしても、普通のポートレートを撮るより目線が下からになってしまうのが実際問題あります。
傘を立たせると、人間に比べて身長が低くなるので、その分写り方が変わってきます。

 

なので、きちんと下から煽りつつも状況に合わせて、最大限桜を画面に取り込めるよう、色々試行錯誤しました。

また、下記のような画像だと、雰囲気は悪くなくとも、少し桜感に欠けます。

写真って、撮り出すと結構周りが見えなくなってしまったり、我を忘れやすいので、目の前のことばかりに集中が行きがちです。

桜の場所で撮っているから桜の写真!とはならないように、きちんと画面に入れ込んであげるといいですね。

この方がまだ桜感が出ます

上のいまいちな画像に少しでも桜感を出すなら、この方がベストかなと思っています。
下に桜の花びらが散っているという要素もあるので、ここは個人差が出る部分ですが、個人的には、こうした方がもう少し桜感を醸し出せる気がしています。

どれくらいの”桜”が画面に入るかを考える

画面に桜を取り込むことがわかっても、どれくらいの桜を画面に取り込めるかを常に考えながら撮ってみると、一歩足を踏み込んだ写真に近づけます。

ここで影響してくるのが

  • その場の立地、環境
  • レンズの写せる範囲

この辺りです。

桜が多い場所で撮ってみよう

はじめのうちは、出来るだけ桜が多く咲いているところで撮ってみるのがいいかもです。
一本の桜の木が咲いている場所や、複数本あっても、間隔がかなり空いているところ。こういったところよりかは、できるだけ近くに多くの桜の木がある場所の方が撮りやすいです。

やはり、数が多いと迫力も出ますので、自分の写真にもその迫力をドーンっと取り込んであげることをお勧めします。

レンズを使い分けよう

レンズの違いも、画面に映る桜の数を左右します。
うまく使い分けることができれば、それだけで、また表現の幅も広がります。

広角レンズ=写せる範囲が広い
望遠寄りのレンズ=写せる範囲が狭い

このことを簡単に頭に入れておくと役立つかと思います。
カメラのレンズは、書いてあるミリ数によって写せる範囲が変わってきます。

基本的に、

ミリ数が小さいほど(16mm、35mm)と広い範囲を写せる
ミリ数が大きいほど(100mm,200mm)写せる範囲が狭くなってくる

レンズはこういった作りになっているので、皆さんのお持ちのレンズのミリ数によって、どれくらいの範囲を捉えることができるのか、試しながらやるといいと思います。

レンズの違いに関しては、以下の記事でもお話しさせていただいています。

[kanren postid=”210″]

どれくらい”ぼかす”かを考える

ぼかしの意識もかなり重要でして、
これで桜を”生かす”か”殺す”かを左右する部分でもあるかなとも思います。

あまり良くない例は、以下です。

中には、これでもいいだろ!!といってくださる方もおられるかもですが…。笑
個人的には反省点として考えています。

理由としまして

  • 桜のディテールがない
  • ただの白い塊にになっている

ぼかしすぎをしてしまうと、せっかくの桜一枚一枚の花びらが醸し出す雰囲気とかが消えてしまします。

時には、こういったものもありかもしれませんが、今回の場合は、もう少しF値を調節して、少しでも桜が潰れるようなことがないように撮影できるといいですね。

焦点距離を意識しながら、これくらいのぼかし加減がちょうどいいかなと思います。

ですので、皆さんが撮影される時には、ポートレートということもあったりして、できるだけぼかしたい気持ちが出る部分もあると思いますが、できるだけぼかさないように撮る場面も取り入れられることをお勧めします。

桜のリアルさが少しでも出る方が、きっと写真の見栄えがもっといいものになること間違いなしです!

桜の写真をたくさん撮りましょう!

以上今回のポイントをまとめると

  • 桜をきちんと画面の中に入れ込む
  • どれくらいの桜が画面に入るかを考える
  • その場の状況や環境で撮り方を考える
  • レンズの使い分けをしてみる
  • ぼかしすぎない

桜は毎年撮っていて楽しいものです。

色々な桜の写真に挑戦しつつ、自分の技術力を徐々に高めていきましょう!

僕も来年に向けて、また一つ一つ技術を昇華させていけたらと思います。
写真、楽しみましょう!

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!