プライベートブランドとナショナルブランドの違いはここにある | PB商品の事例も紹介

昨今、プライベートブランドという言葉は、一般的にも広く知られる言葉となってきたでしょう。

実際にプライベートブランドを提供する企業も非常に増えてきており、それぞれの企業が独自のブランドで多様な販売戦略の元、多様なアイテムやサービスを提供しています。

こうしたプライベートブランドと混同しやすいものとして、ナショナルブランドというものがあります。

人によっては、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

今回はそんなプライベートブランドとナショナルブランドの違いについて、みていきましょう。

スポンサーリンク

プライベートブランドとナショナルブランドとは?

インサイトフォース株式会社代表の山口義宏さんの著書『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』ではプライベートブランドとナショナルブランドでこのような変化が起きていることを主張されています。

以前であれば、新技術を使った製品は、まずNBとしてメーカーが売り出し、1年以上経てからPBで提供するのが普通でした。今では、最初から新技術をPBに投入することも珍しくありません。

引用元:『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』

このように注目を集めているそれぞれのブランドのあり方、違いをみていきましょう。

ナショナルブランドとは?

ナショナルブランドは、製造メーカーが提供している商品を指します。

企画から製造までを一括して自社で行うもので、“一般的な製造業のブランド”と捉えても良いかもしれません。

お菓子メーカーのグリコや、カルビー、他にも東芝やパナソニックといったメーカーが想像しやすいでしょう。

そうしたメーカーが販売している商品が、一般的にナショナルブランド(NB)と呼ばれています。

関連記事

商品販売の形は時代とともに最適化され、時に大幅な変革も伴ってきました。 そんな中でも昔から有用であるとされてきた手法も存在し、時代の流れに合わせながら用いられている販売方法も存在しています。 今回ご紹介する「富山の置き薬商法」は[…]

関連記事

世界には様々なファッションブランドがあり、格安のものからハイブランドまで多種多様なブランドが日々、多様な展開を見せています。その中でもH&MやZARA、ユニクロといった私たちに馴染みのあるブランドは、世界規模で大きな成長を見せている[…]

プライベートブランド

それに対してプライベートブランドは、メーカーから仕入れた商品を店舗へ卸す卸売業者や、商品を販売している小売業者などが独自に展開している商品です。

ナショナルブランドを提供するメーカーは、商品の企画開発はもちろん、それを自社で製造し市場へ売りに出されます。

ですが、プライベートブランドは、商品の企画や開発は行うものの、製造に関してはナショナルブランドを提供しているメーカーと一緒になって進めていくことがほとんどです。

そのため

  • NB=メーカーの名前で販売
  • PB=製造はメーカーだけど、販売時には小売店や仕入れ業者が販売元として販売

このように、商品の販売元に違いが生まれるのです。

こちらのプライベートブランドを展開している企業としては、ローソンの「ローソンセレクト」やイオンの「トップバリュー」などがあげられます。

プライベートブランドの事例

ここからはより理解を深めるべく、プライベートブランドの事例についてもご紹介していきましょう。

よく馴染みのある企業を中心にご紹介します。

セブンイレブン「セブンプレミアム」

出典元:https://7premium.jp/

大手コンビニチェーンであるセブンイレブン。

皆さんもきっと「セブンプレミアム」の商品は手にしたことがあると思います。

最近は日本でも、PBを「高いけどいいもの」として提供する企業が増えてきました。流れを大きく変えたのは「セブンプレミアム」を掲げたセブン – イレブンのPB戦略でしょう。

引用元:『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』

セブンイレブンでは、飲料やお菓子、お酒などを販売するセブンプレミアムや、最上級ブランドとして位置付けられている「セブンプレミアムゴールド」で、より高級志向な食パンやハンバーグなどを販売しています。

それに加えて、こうした食品関係にとどまらないところもポイントです。

「セブンプレミアムライフスタイル」と呼ばれるブランドでは、ハサミやのり、ノートなどの文房具、シャンプーや化粧水、洗剤、バーベキューなどで重宝する紙皿や紙コップも販売しています。

その他にも、肌着やタオル、電池やキャットフードなど、日常生活でのアイテムをしっかりとラインナップしています。

こういった部分が、利便性を追求するコンビニとしての大きな戦略といえるでしょう。

ドン・キホーテ「情熱価格」

出典元:https://www.donki.com/j-kakaku/pb/pb.php

“激安の殿堂”や“ドンキ”の名でお馴染みのドン・キホーテ

このドン・キホーテにも、情熱価格と呼ばれるプライベートブランドが存在しています。

  • 情熱価格
  • 情熱価格+PLUS
  • 情熱価格プレミアム

ブランドはこの3つのグレードに分けて展開。

販売している商品としては、食品やシャンプー、洗剤をはじめとした日常的な生活で消費するアイテムや、カバンやキャリーケースといった大きめの旅行用品も。

また、テレビやノートパソコンなどの電化製品等も、販売がされています。

TSUTAYA「HEDERA」「LeLierre」

出典元:https://tsutaya.tsite.jp/product/stationery/index

TUTAYAは、大手レンタルチェーンであり、最近はおしゃれな本屋さんといったイメージが強い方も多いことでしょう。

そんなTSUTAYAでは、レンタルや本の販売だけでなく雑貨や文房具を販売するプライベートブランドも展開しています。

どちらのブランドも、レンタル事業や蔦屋書店書籍販売事業とうまく併合させやすいジャンルでもあるため、よりTSUTAYAとしてのブランド力を訴求できる効果がありそうです。

文房具ブランド「HEDERA」

出典元:https://tsutaya.tsite.jp/product/stationery/hedera/index

落ち着いた大人の雰囲気といった印象も感じることができる文房具をラインナップ。

値段も手頃で、100円台で購入可能なボールペンやピンクの罫線が特徴的なルーズリーフ、その他にも電卓やリングメモ等を販売しいています。

また、中には1000円程するボールペンも用意。

特に、蔦屋書店等で本を購入された方が、購買意欲にかられるようなデザインとなっているのではないでしょうか。

雑貨ブランド「LeLierre」

出典元:https://tsutaya.tsite.jp/product/stationery/lelierre/index

おしゃれな休日のピクニックなんかを想像できるような(著者の勝手な印象でもありますが)、こちらもまた落ち着いた雰囲気が特徴のアイテムが用意されています。

全体的に白や紺が主となっていて、もちろん日頃のお仕事用のアイテムとしても使えそうなつくりです。

ステンレスボトルやトートバック、ブックカバー等々、一種のファッションアイテムとしても、十分に機能してくれるデザインといえるでしょう。

 

このように、ナショナルブランドとプライベートブランドとでは、ベースとする部分に大きな違いがあります。

これらをうまく使い分けることで、それぞれの企業としてのブランド力を創造し、より新たな認知と親和性の向上が望めるといえるでしょう。


Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!