5G光回線整備で地方都市はどうなるのか

「5Gの時代がやってくる」と耳にする機会が増えた中、政府が光回線整備に向けて、今年度の予算額を前年度の8倍にまで増やしたようです。

5Gのサービス開始に備え大幅な整備が進められ、まだ普及率の低い地方都市の普及率を上げ、都市格差を解消して行くのが大きな狙いとなるよう。こうした動きを受けて、地方での暮らしはどう変わって行くのでしょうか?

スポンサーリンク

5Gの普及で地方都市はどうなる

5Gは「第5世代移動通信システム」と呼ばれる新たな無線通信システムのことです。今までの通信速度よりも100倍の速さとなり、同時に接続可能な機器の数も増え、伝達遅延も大幅に低減することから、大きな注目を集めています。

日本では2020年春より正式なサービスが開始されるため、2020年は非常に期待される年となるわけですが、この5Gは地方都市にどんな影響を与えるんでしょうか?

高齢者社会が加速する中での5Gのあり方

現に少子高齢化が進んでおり、今後さらに高齢者社会が加速して行くこの日本で、地方都市での生活やビジネスを考える人にとって5Gは、新た気付きを与えてくれそうです。

特に注目なのは医療分野でしょう。

高速回線でのやり取りや遅延が少ないことから、遠く離れた場所の医師と直接対話をしながら、診察や健康状態の確認をしてもらうことが可能に。また、地方の病院にいながら有名な医師に遠隔操作で手術してもらうことも可能になるだろうと、期待もされています。

こうした医療現場での活躍は、今後の地方都市での暮らしを大きく左右する要素の一つになりえそうです。

 

 

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!