【今までのNG傘写真】写真の失敗例から、対策を考える

こんにちは〜!Kamitani(@hirophotogram)です。

僕は普段、傘を被写体に写真を撮っており、いかに傘を人のように表現できるかを自分のテーマとして日々撮影をしています。

日々試行錯誤をしている状況。毎日の継続と、写真を楽しむことが重要なわけですが、

これはだめだ。。。と思う写真になってしまうことも多々あります。

今回は、もっと写真を上手くなりたい方へ、失敗を一緒に共有する記事として書きました。
自分の失敗もこうして定期的に上げていこうと思うわけですが、

先にポイントをお話しすると、

  • 被写体(僕なら傘)がはっきりと魅力的に捉えられているか
  • 場所に適した被写体になっているか

これが結構な失敗の要因に繋がっていました。

非常に基本的なことです。撮るたびに、もっと技術を高めていかないとな!と奮い立たせられます。

また、傘写真の失敗例は、ポートレート撮影にも生かしていただけるかと思います。どうしても、人間でなく物を相手に写真を撮っているので再現性はそこまで高くないかもしれませんが、ぽ^とレートに近い部分はあるので、参考にしていただけると嬉しいです!

今回の記事から、一緒に失敗を共有し、さらに技術を高めていきましょう。

スポンサーリンク

被写体は魅力的か

まずはこちらをご覧ください。

みなさんはこの画像をみてどう感じられるでしょうか?

僕がこの画像から感じることは、

  • 傘の色合いがイマイチ
  • 写真全体の質感がベストなものでない
  • パッとしない

正直あげたらきりがないのですが、全体的にパッとしないのが大きいです。笑

傘の色合いが良くない

右側の写真に関しては、特に傘の色合いがいいものでないと思っています。

二つの写真とも、撮影した日は曇り。ポートレートを撮影する環境としては、悪くない天候でした。が、撮影場所は森の中。被写体への光の当たり方が、ひらけている場所と変わってきます。

そのため、

  • 被写体に、肉眼では感じなかった影が発生
  • 影が濃くなる

傘の色合いがおかしくなるだけでなく、傘そもそもの存在感に違和感も出ます。

解決策

完璧なことではないかもしれませんが、解決策はあります。

特に大きいのは、そのものです。

今回使用している傘は、どちらもピンクの傘。傘を撮影してきてだいぶわかってきたのですが、被写体の色が濃い目の場合、暗い場所ではいい色合いにならないことがあります。

上の写真は、どちらともピンクの傘を使用して撮影しましたが、なんか腑に落ちていなかったんです。

なので、

  • 被写体(傘)そのものを変える
  • 絞りや、露出補正など撮影の方法からその場の雰囲気にあったものを今以上にもっと塾考する。

ピンクの傘がこの場所で合わない可能性は高いです。そのため、もう少し柔らかい色合いの傘や、全く異なった色の傘を利用することも、一つの手となります。

撮影方法に関して、やはり技術の欠如が特化して現れています。もっとベストな撮り方・設定を模索する必要が大いにあると感じています。

場所に適した被写体か

次は、こちらをご覧ください。

先程までの写真に、青い傘の写真を一つ追加してお話を進めていきますが、これらには共通する改善点があります。お分りいただけるでしょうか?

僕はこう考えてます。

他の傘を被写体とすべきだった

それぞれの写真、上で書いたように暗い場所に適していないことはもちろんなのですが、圧倒的なミスがあります。

それは、背景と同系色の被写体になっていることです。

一枚ずつ見ていきます。

手前の砂利部分の青色に対して、傘の水色が被っており、被写体があまり際立ちません。

こちらは、サイドの枯葉と地面の土の赤と、被写体のピンクの色、また、手前の木の色等、画面の赤要素が多いために、上手く浮き立ちません。

もちろん、場所によってや、背景によっては同系色の被写体とでも面白い表現ができたり、あえて同系色の被写体を配置することで、独自性を出すやり方もあります。

ですが、この時は、そういった意図で狙ったわけではないので、適切な被写体配置であり、ありませんでした。

解決策

この場合、それぞれの傘を逆の場所に配置すると、もう少し印象的に傘を浮き立たせることができたはずです。

一つ前の項目とかぶる部分もありますが、場所に適したものかを瞬時に判断できるようになることは、自分の世界観をスムーズに表現するためにも大切なことだと考えます。

数をこなして、観察する癖をつける

失敗する写真にも、必ず失敗する理由があるわけですが、その理由を考えなかったらいつまでたっても写真が上達しません。(過去の自分に言ってやりたい…)

そのためにも、圧倒的な数の写真を撮りながら、圧倒的な数の写真を観察していくことがいい写真を撮るために一番大切なことだと思っています。

そして、ただ漠然と数をこななすだけでなく、一枚一枚の撮影に目的意識を持ったり、修正を繰り返すという意識を持った上で、莫大な数をこなす。ただの作業にならないように、日々自分を修正することが大切です。

毎日コツコツと継続して、良いものを目指していきましょう!

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!