【実体験】写真仲間を作る方法を3つ紹介します!

こんにちは〜!傘フォトグラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

  • 写真、カメラ仲間が欲しい!
  • でもどうやって出会うの?
  • 周りに写真やってる人がいない・・・

こういった疑問にお答えします。

結論、やはりSNSを使うのが一番簡単な方法です。

具体的なSNSでの方法や、気をつけるべき点等を明示しながら進めてまいります。写真が楽しくて仕方ないけど、共有できる仲間が欲しい!と思ったまま動けない方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

写真仲間を作りたい方がはじめの一歩を踏み出せる方法はこれです

  • SNSを活用する
  • イベントに参加する
  • カメラ屋さんのスタッフの方と仲良くなる

一つ一つ見ていきましょう。

SNSを活用する

今や多くの方がSNSのアカウントを持っていますが、やはりSNSでは仲間を作れる可能性が非常に高いです。特に写真をやってる方は、自分の作品を上げるためにも活用されてる方は非常に多いですよね。

ですので、まずはSNSを活用して、色々な方に自分からアタックしていきましょう。

身近で会えて且つ、一緒に写真を撮ったりしたい方は、

  • #自分の住んでいる地名で検索をかけて気になる人を見つける
  • 単純に、「住んでいる地名 写真」みたいな感じで検索かける

前者はInstagram向き、後者はTwitter向きのやり方です。もちろんどちらでも使えますが、大切なのは、自分の住んでいる場所を検索の中に入れること。当たり前のことではありますが、まずはここから検索に絡めていきましょう。

自分の近くに住んでて且つ、素敵な写真を撮られている方と仲良くなりたいと思ったら、そこでDMを送ってみます。ここは、躊躇せずに送っても大丈夫です。

理由として、

  • 自分と住んでいるとこが近い
  • 自分が変なアカウントでない限り、拒否されることは少ない

やはり、住んでいる場所が近いというのは結構大きなメリットですし、親近感が湧きます。また、普通に写真を上げるためのアカウントであったり、友達との交流のアカウントとかであれば何も問題はないと思います。1ヶ月で30万円手に入る副業!みたいな、最近流行りのいかにも怪しいアカウントでない限り拒否られることはないと思うので、安心してください。笑

DMを送る際のポイントですが、

  • 自分が近くに住んでいることを伝える
  • 写真仲間がいないことを伝える

特に、写真仲間が周りでいなくて、今探している旨を伝えることが結構重要なポイントです。相手の方も実は写真仲間がいなくて困っていたり、新しい仲間を探している可能性も考えられるので、そこはきちんとアピールしてみましょう。

イベントに参加する

みなさん、写真のイベントには参加されたことがあるでしょうか?お花見企画であったり、最近はフォトウォークが結構流行っています。

こういった写真関連のイベントに参加して仲間を作っていくのも一つです。

写真のイベントって地方でも結構あったり、都会だと特に多いイメージですね。

参加するメリットは、仲間作りだけでなく

  • 一緒に写真を撮りながら教え合いできる
  • 色々な方の機材も参考にできる
  • 撮りあいっこしてる姿も写真にできる
  • 実際に顔を合わせて出会えるので信頼性が生まれる

自分でわからないことや、実際にカメラをお互いに構えた写真が撮れたり、普段味わうことのできない経験をすることができます。

自分一人で撮影していると、どうしてもわからない技術や表現を伸ばしていくのに、思考停止してしまったり、うまく解決方法を見出せないこともありますよね。

イベントにもよりますが、中には仕事として写真を撮られている方や、有名なフォトグラファーの方にお会いすることもできますので、刺激を受けつつ、自分の能力を引き上げていくことも可能です。

イベントに関しては、最近はTwitter経由で参加されてる方が多い印象ですね。

僕も以前、今の傘フォトグラファーとしてのアカウントを作る前、別の写真用のTwitterアカウントを運用していました。その時に、下記のフォトウォークに参加させていただきました。

たけさんぽ

こんにちは、たけしです! 私主催のフォトウォークイベント『たけさんぽ』の第2回目である『たけさんぽ広島』2018年4月2…

参加される方が、みなさんすごい方ばかりで、とてつもな写真を撮られる方であったり、魅力的な写真、カメラブログを運営されている方であったり。

この時は僕自身、FujifilmのX-T2を使っていたので、フジのカメラについて語るのも楽しい時間でした!

このイベントを知ったきっかけは、上に書いた、以前使っていたTwitterからです。今のアカウントでもそうですが、全国色々な場所で、本当に様々なイベントが開催されていますので、SNSをうまく活用しつつ、こういったイベントへ参加させることもオススメします。

カメラ屋さんのスタッフの方と仲良くなる

鳥取のように地方の都市になると、お店も限られてくると思いますが、どんなお店でもいいので、カメラ関係・写真関係のお店のスタッフの方と仲良くなるのも面白いです。

僕も実際に、いつもいくカメラのキタムラの店長さんと、いくたびに色々とお話をさせていただくのですが、地元の条件・環境を考えつつ、写真の話ができるのが大きなメリットです。

どういうことかというと

  • 鳥取砂丘の海岸ぞいとか面白いよ!
  • 大山のいいスポットを網羅されてるフォトグラファーの方がいるよ!
  • こんなイベントが、近くの児童館であるよ!

鳥取を例にしてあげましたが、自分たちの住んでる場所で写真撮るならここがいい!とか、鳥取でも、こんなフォトグラファーの方が活躍してる!その人たちは、あの場所をこう捉えてる!といった感じで、自分たちが住んでいる場所の環境や条件を知っていて、尚且つ普段仕事で写真やカメラに触れることが多い方と、写真の深い話ができるのは非常にプラスです。

写真を撮るロケーションを考えるにしても、自分では限界があったり、SNSで見た憧れの写真を自分でも表現する為にはどうすべきかな?と考えて、似た場所を近くで探すとしても、自分では気づいていないスポットがあるかもしれません。

カメラ・写真屋さんのスタッフの方は、プロアマ問わず多くの方との交流がありますので、自分では知り得なかった情報を教えていただける可能性があります。

みなさんの住んでいる場所や店舗によっての差はもちろんあるでしょうが、新しい仲間に出会うために足を運んでみるのもいいかもですよ!

色々な人から刺激を受けましょう

以上三つの方法をご紹介しました。

まとめると、

  • SNSで繋がる
  • イベントに参加して繋がる
  • カメラ、写真のお店で繋がる

特にSNSをやっていたら、イベントの情報も入りますし、自分に声かけてれる方が出てくることもありますので、まだアカウントを持っていなかったり、写真アカウントがない方はぜひ開設されることをお勧めします!

ただ、悲しいことに、写真目的で出会いつつも性的な行為を強要されたり、暴力的な行為や犯罪行為に会われる可能性もあります。

写真の世界においてあってはならないことが、実際に起きていた事案もあるようなので、その辺りはしっかりと相手の方を見つつ、被害に遭わないようお気をつけください。

少しでも皆様の写真ライフがいいものになりますように\(^^)/

よろしければ、下記Twitterもフォローしていただけると嬉しいです!

Twitter:@umbrellaly

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!