思考力を鍛えるために効果的な方法 とは?− 多様な考え方を知る癖

個々のスキルが問われるこの時代において、思考力の高い人ほど、新たなチャンスや発見を勝ち取れる機会が多いことを痛感している方もたくさんおられるでしょう。

「そんな発想、私には無理だよ」

時にそんな言葉を嘆きたくなるほど、先輩や同僚だけでなく自分よりも下の後輩の方が、鋭い考え方を示す場面も。

悔しくて辛い場面を経験してもなお、下を向いて立ち止まる時間すらもないこともあるかと思います。

思考力は即座につけれる力でもないため、自分の実力をすぐに示せないことも辛い部分です。

ですが、ある程度の時間をかければ、着実に自分の思考力を鍛えていくことができる方法も存在します。

今回はミリオンセラーにもなった『超訳ニーチェの言葉』の白取春彦さんの著書である『独学術』を参考に、思考力を鍛える方法をご紹介していきましょう。


スポンサーリンク

思考力を鍛えるために効果的な方法とは?

私たちが思考力を向上させる方法を考えた時、頭に思い浮かべる方法はどんなものでしょうか?

  • 人と話す
  • イメージをする
  • 思いついたことをどんどん書き出していく
  • 瞑想をする

誰かとコミュニケーションをたくさん取って頭を働かせることで、思考力を向上させるという方法もあれば、日頃から頭でイメージする習慣をつけたり、瞑想をしてみることが良いと考えることもできます。

これらの方法をとってみても、実際に思考力は向上していくでしょう。

自分の頭で考えるという経験がとにかく大事なわけですから、列挙した方法は思考力を自ずと向上させるはずです。

ですが、『独学術』では、もう少し踏み込んだ考え方を提案しています。

多様な考え方を本から学ぶ

これは多くの人に会って異質の考え方を知る方法よりもずっと手早い方法である。だから、本を読むことは視野を広げる点でもっとも効率的なのである。

引用元:『独学術』より

ここで推奨される思考力向上の方法は、読書です。

本を読むことが、自分自身の思考力を大きく向上させてくれます。

「本を読むことは大切なことだ!」と方々で言われる経験をみなさんされているでしょうし、実際に読書の大切さに気づいておられる方もたくさんいると思います。

過去にはこのサイトでも、20代である私たちがなぜ本を読むべきかについてもご紹介してきました。

関連記事

「本を読め!」「本を読んでるやつは賢い!」 上司や周りからこうした言葉をかけられる機会が、社会人になれば増えますよね。 または、親戚のおじちゃんやおばちゃんから集まりの度に、口酸っぱく言われる大学生の方もおられるかもしれません。[…]

上記で紹介した読書のメリットだけでなく、思考力をより向上させるためにも、読書は最善の手段であるといえるのです。

 

では、なぜ読書をすることで思考力は鍛えられるのでしょうか?

その点について、もう少し深掘りをしていきます。

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!