【Estaa】個性的なデザインの傘と写真を撮ってみた【傘フォトグラファー】

こんにちは〜!傘フォトグラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

先日新たな傘を仲間に迎え入れました。
「Estaa」という国内の傘ブランドさんの傘になります!

僕は普段、フリーランスフォトグラファーとして活動を行なっていく傍、自分の作品方面での写真として、傘を被写体に写真を撮っている割と変わった人間です。笑

今回仲間入りした傘は、8本目の傘になります。

様々な傘とともに写真を撮ってまいりましたが、今回の傘も撮っていて楽しい一本となっています!

スポンサーリンク

Estaaさんの傘が新しく仲間入りしました

[itemlink post_id=”700″]

今回仲間へ迎え入れた傘はこちら。
Estaa(エスタ)さんの、”あまやどりスカイブルー”の傘になります。
折りたたみではなくて、長傘ですね。

簡単に、傘そのもののお話ですが、骨組みの数は8本ですので、標準的な作りでして、風が強いと少し心配ですが、普段使いであれば全く問題ありません。

この傘の魅力は、淡い色合いでありながら、近代的なイメージのデザインになっている部分です。
人によっては、街中でさすのに勇気がいる人もいるかもですが、少し変わった傘が欲しい方や、人とかぶるのが嫌いな方にはおすすめですね。

自分が女の子であれば、割と全力で普段使いすると思います!笑

日傘利用できます

赤外線対策もしてあるので、日傘としても仕様できます。

今回、晴れの日の昼間に撮影をしたのですが、こういった晴れの日でもしっかりとデザインが浮き出ていて、見た目を気にされる方も、問題なく使えるかと思います。

参考:普段の傘写真を紹介します

下記の記事では、自分の傘写真を紹介しています。
傘を撮るのが楽しくて仕方ありません(^ ^)

[kanren postid=”694″]

今回の傘写真

今までの傘とはまた違う雰囲気の写真になりました。

今回は、傘目線からの考え方に注視していて、
「私のこと見て!!」
みたいな雰囲気を大切にしながら、撮っていました。

この一枚なんかは、まさにこの傘の気持ちを出来るだけ近くからぶち込んであげたい思いで撮っていました。

傘の柄には裏表で3タイプあります

僕もこれだけ傘と触れ合うようになってわかったのですが、
傘のデザインの入り方は3タイプあって

  • 傘の外側と内側両方に柄がある
  • 傘の外側だけに柄がある
  • 傘の内側だけに柄がある

この3種類です。

普段購入されるときはあまり意識されることがないかもしれませんが、これによって、柄の見え方って結構変わってきます。

今回の「あまやどりスカイブルー」の傘は、外側だけのデザインになっているようで、内側は少し色が薄い印象です。

例えば、下記の画像の傘

こちらの傘は、内側にも柄が写っています。
対面した方にも、柄が見えるような形になりますね。

個人的には、内側にも柄がある傘の方がいいかなとは思いますが、写真を撮っていく分には、どちらも個性な気がしていて、楽しいです。

上記の傘は、Wpc.さんのペールリーフという柄の長傘です。

[itemlink post_id=”564″]

もっと傘写真を撮りに出かけます!

淡くかわいい傘を仲間に入れて、新たな傘写真ライフがまたスタートしました。
結構アイデアも浮かんできて、色々と撮りたいイメージもあるので、どんどんと形にしていけたらと思っています。

また、柄入りの傘も4種類に増えたので、柄入りの傘同士でポージングを決めてもらって撮っていくこともできるかなといった感じですね!

個人的にこれはあまりしっくりきていませんが…笑
こんな感じで、複数本が登場する写真も撮っていこうと思いますので、楽しみに見ていただけると幸いです(^^)

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!