花のサブスクリプション「Bloomee LIFE」から“サブスク”の形を知る

花のサブスクリプションがあるって知ってましたか?

そんなものがあるのか!と、正直、僕は知らなかったです。

お花の定期便【Bloomee LIFE】は、定額で自宅におしゃれな花が届くとあって、花好きの方や可愛い空間作りたいって方からは、人気とのサービス。様々なメディアでの掲載もあるようです。

今年で3周年を迎えたようで今後さらなる展開が楽しみなサービスともいえます。

というわけで今回は、そんな花のサブスクリプション「Bloomee LIFE」の事例を踏まえつつ、サブスクリプションについて触れていきましょう。

サブスクリプションのポイントは、「モノ」視点でなく「体験・経験」視点で考えることにありました。

スポンサーリンク

花を届けるサブスクリプション『Bloomee LIFE』

2016年6月にサービスを開始したBloomee LIFEは、現在1.5万人ものユーザーを抱えるほどにまで成長。ユーザーは500円・800円・1,200円の3種類のプランから、自分の好みに合うプランを登録すると、全国100箇所の提携したお花屋さんから、花が自宅へ届けられるといった面白い仕組みです。

3種類のプラン展開

プランによってそれぞれサービス内容が変わり、1回500円の『体験プラン』では3本以上の花を毎週ポストへ投函してくれます。一番人気の『レギュラープラン』は、1回800円で4本以上の花を毎週ポストへ投函。一番最上級グレードの『プレミアムプラン』は、1回1200円で5本以上の花がきちんと手渡しで渡されます。これに加え、それぞれのプランに応じて送料がかかるといった仕組みです。全ての花を実際に花屋さんがプロ目線でアレンジしてくれるのも大きな特徴といえます。

法人プランも

またBloomee LIFEでは法人プランも用意されているんですが、これはビジネス的にも強みといえますね。

美容室やカフェ、病院といった清潔な雰囲気を大切にしたい場所や、おしゃれな空間へのアレンジとして利用されることが想定されています。法人プランも同じように、毎週決まった数の花が届けられるシステムで、専用に用意された3種類のプランからお店の規模に合わせてプラン選択ができます。

こういった企業相手のサブスクリプション展開は、毎週・毎月しっかりとした額を長期間収益化できるなどメリット面も多いビジネスモデルです。



花のサブスクリプション『Bloomee LIFE』からサブスクを学ぶ

昨今のサブスク市場は急速な発展を遂げてますが、Bloomee LIFEも新たなジャンルとしてその座をしっかりと確立してます。

Bloomee LIFEでは提携店に花を提供してもらうことによって、ユーザーにサービスが提供できていますが、このモデルはBloomee LIFE自体と、提携店、ユーザーのそれぞれに大きなメリットを産みやすいモデルともとれるでしょう。

Bloomee LIFEのメリット

Bloomee LIFEが享受できるメリットは

  • 在庫を抱えなくて良い
  • 品質の高いものを提供できる
  • 毎月の収益が可視化できる
  • マーケティングに集中しやすい

一番は花を実際に管理する立場ではないため、在庫を抱えるリスクがありません。また、商品を開発するといった過程がないので、さらなる提携店をリサーチすることや、新規顧客獲得のためのマーケティング、宣伝活動にコミットできるといった利点があります。さらにサブスクリプションであるため、月にいくら入ってくるのかを大まかにでも可視化できるのは、事業を行なっていく上では大きな強みともいえます。

提携店のメリット

続いて提携店のメリットは以下のようなもの

  • 毎月安定した収益が上がる
  • ユーザーが個別に買いに来てくれる可能性も
  • 提携店という実績

こちらもサブスクリプション特有の毎月一定額の収益化は大きなプラス材料となるでしょう。また、サービスを利用したユーザーが花に対しての興味を更に持つことで、サービスとは関係なく単体で店舗へ訪れてくれる可能性もあります。そういったことが、普段とは別の角度からのアプローチとなって、1種の営業活動にもなりうるかもしれません。

ユーザーのメリット

最後にユーザーが得るメリットは

  • 低価格でプロのアレンジや新鮮な花を楽しめる
  • 花を選びにいくめんどくささは無い
  • 気軽に花を楽しめる

花をもっと気軽に楽しめるようなシステムは、このBloomee LIFEが人気となっている大きな秘訣でもありそうです。花に特段こだわりがある人は別ですが、気軽に花を家に置いておきたいけど、いちいち花屋に行くのも面倒だと感じる人からすれば、画期的なサービスです。また、プランの利用料金が高いわけでは無いので、これまで花に興味がなかった人でもサクッと楽しめるのもサービスのかなめとなる要素であると思います。

『Bloomee LIFE』も含め、サブスクは拡大する

Bloomee LIFEは”花”という一見特殊なサブスクリプションモデルに思えるかもしれませんが、実はサブスクリプションは様々なモノでサービス化させることができます。

サブスクリプションに関して細かく解説されている書籍『サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』に、それは書かれています。


サブスクリプション化できないものはない。なぜなのか種明かししよう。製品が提供するサービスのレベルについて契約すればよいのである。それは全てに応用できる方法だ。冷蔵庫を提供するのではなく、新鮮で冷たい食品の提供を保証する。

出典元:『サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』

つまりは、商品が提供する体験や経験といった部分をサービスとして提供するということで、モノ視点の発想じゃないというわけです。

今回のBloomee LIFEのサブスクリプションでいえば一見、花が手元にやってくるという喜びがあるようにみえますが、サブスクリプションの本質として提供されているのは、

  • 花を気軽に楽しめる喜び
  • わざわざお店へ足を運ばなくていい気軽さ
  • プロがアレンジする花という期待や興奮や満足感
  • 値段が安いだけにもっと花を気軽に楽しめる手軽さ

花そのものではなく、喜んだり、楽できたり、満足感や高揚感に包まれたりといった体験・経験がベースになっていることがサブスクリプションの特徴です。

従来の商品販売ではモノをどんどん売り込んでいくことが最重要視されましたが、現代はモノが手に入りやすくなったことから大量生産の時代は終わり、いかに質の高いハイクオリティのものを提供するかや、経験や体験など感覚的な価値を提供するかに移行してきました。

このBloomee LIFEの事例を参考にすれば、もっともっと新しいサブスクリプションのサービスを展開していけます。

モノを売ることだけにとらわれず、ユーザーの気持ちに耳を傾けながら、求められることに答えるサービスを提供していくと良いのかもしれません。

これからビジネスを展開されたい方の何かお役になれば幸いです!


Bloomee LIFE(お花の定期便ブルーミーライフ)

「Bloomee LIFE」〜手軽に叶うおしゃれなライフスタイル〜 毎週末自宅のポストにお花が届き、手軽におしゃれなライ…



Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!