自分の現在地を把握できるだけじゃない!「ANA Wi-Fi Service」のフライトマップ機能が凄すぎた件

こんにちは〜!傘グラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

みなさん、ANAのWi-Fiサービス利用されたことはありますか?
先日、東京へ向かうべく、ANA鳥取ー羽田便を久々に利用しました。


鳥取便のような、便数が少ないフライトでは、機材の関係でwi-fiサービスを利用できないフライトもります。ですが、このwi-fiサービス、ものすごく楽しいものになっているんです。

年々インターフェイスも、洗練されて使いやすいものに進化して生きているのですが、とりわけ面白い機能が、「フライトマップ」になります。今回は、そのフライトマップ機能の中身を、実際の画像付きで一緒に見ながら、楽しさを紹介させていただきます!

スポンサーリンク

「ANA Wi-Fi Service」のフライトマップ機能が凄すぎた件

そもそもANAのwi-fiサービスを利用したことがない方に、このサービスを簡単に説明をすると、「ANA Wi-Fi Service」はスマートフォンを機内モードにしながら、フライト中にWi-Fiに接続すると利用できるサービスで、無料で楽しむことができます。

提供されているサービスはざっと以下の感じ。

  • スカイライブTV
  • ビデオプログラム
  • オーディオプログラム
  • e-books
  • フライトマップ
  • ANA STORE@SKY
  • インターネット

これだけのプログラムを無料で利用することができるんです。最高!笑 ビデオ、オーディオのプログラムに関しては、毎月内容が更新されるため、その時々の話題の内容を楽しめたりするのがいいポイントですね。

イメージとしては、今までWi-Fiサービスがはじまるまでにも提供されていた、落語やジャズ、ニュースとかを配信するヘッドフォンでのサービスに、視覚的なサービスが付け加わったような感じです。しかも無料。

また、メールアドレスを持っている人なら、通常のインターネットサービスも無料で利用することができるので、空の上で普通に、Twitterとかインスタとか、こうやってブログ見たりとかができます。これも最高ですね!

国際線は有料

今、国際線でのWi-Fiサービスは、有料になっています。ファーストクラスに搭乗される方は、無料で利用することができるのですが、それ以外のクラスで搭乗される方は有料になります。

ご使用になる容量に応じたプランをご用意しています。

[料金(USドル)] 30分プラン - $4.95 *15MB上限
1時間プラン - $8.95 *30MB上限
フルフライトプラン - $19.95 *100MB上限

※料金は時間制ですが、ご使用のデータ量による制限がございます。制限データ容量を超えた場合は接続が終了いたします。

引用:https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/departure/inflight/wifi/

上限もあるし、まあまあ値段もかかるよな〜と。
5Gが普及すれば、無料で利用できる日もやってきそうなので、そちらも楽しみなところですね!

フライトマップ楽しいよ

簡単にWi-Fiサービスの概要に触れたところで、今日の本題に入っていきます。

ANAでは、2018年4月よりフライトマップの機能が実装されました。

ANAは2018年4月1日より順次、国内線「ANA Wi-Fi Service」に次世代型地図「ANA Flight Path」を導入いたします。

引用:https://www.ana.co.jp/group/pr/201802/20180219.html

先述したWi-Fiサービスの一部としてフライトマップが追加されたのですが、これがすんごい面白い。今現在の飛んでいる場所を知ることができるのはもちろんなこと、フライトに関する現在の情報なんかを知ることもできます!

僕は特に飛行機が大好きなので、本当に面白い機能だな〜と思いながら見ることができました。

「ANA Wi-Fi Service」フライトマップの使い方

これが「ANA Wi-Fi Servicre」のメニュー画面になります。この中のフライトマップを選択して、実際のマップを見ていきます。

マップを開くと最初に表示されるのが以下の画面。

自分がどれくらい飛んだのかがよくわかります。こういうのって、見てて楽しいですよね!笑

自分の場合は、鳥取からのフライトだったので、もう少しで着陸態勢に入るかな〜?というぐらいの位置でした。

色々な機能があるフライトマップ

このフライトマップは、ただ自分の現在地を把握できるだけでなく多様な機能があったりします。これがまた面白い!

マップ左上のハンバーガーメニューを開くと、以下の画面が開きます。

それぞれ写真と一緒に解説していきます!

便情報

便情報はこんな感じの画面。目的地までの時間がわかったり、到着の予定時刻が、きちんと再確認できるというもの。機内での時間を無駄にしたくない方は、あとどれくらいかわかると、効率よく時間を過ごせるかなと思います。

また、飛行機好きとしては、高度や対地速度わかったりするのは最高すぎる機能でございました。笑

ストリートマップ

ANAは食べログと提携してこのサービスを展開しているようで、自分が向かう目的地付近の気になるお店や、評価の高いお店はどこかな?って探したりできちゃいます。

大切な人が待っていたり、急な”おつきあい”の時間が発生してしまった人なんかは、着陸ギリギリまで、地図で物理的な距離を把握しながらいいお店を探すことができます。

ワールドビュー

ちょいと引きで見れます。
日本全体を確認しながら現在地を確認できるような仕様です。

左機窓

機体の左側席の窓から見える景色が映し出されます。
だいたいこの辺りを飛んでいるのだな〜と視覚的に把握することができちゃいます。

コックピット

残念ながら、コックピットから見える景色のLIVE映像とかではないのですが、現在飛行している方向の景色が広がります。

方角や、巡航高度、巡航速度まで、結構リアルに表示されるあたりは、飛行機好きの心を揺らしてくるポイントです!笑 しかもft表示と、kt表示なところもポイント高い!!笑

右機窓

さっきとは、逆面の窓からの景色が広がります。
フライト方向的に表示されているのは太平洋。海は広いな〜。

ハワイ路線の最新機材はすごい

ちょっと余談ですが、最近就航が始まったANAの羽田-ハワイ線に導入されている機材a380では、実際に飛んでいる状況を生の映像で見ることができるみたいです。

機内にいながら、コックピットから見える景色はこんな感じなのか〜!と楽しむことができるようで、長いフライトの時間も少し楽しみながら過ごせそうですね!

国内線も含め、他の機材でもそういった楽しみが増えると、飛行機での時間がもっと楽しくなる気がしますよね!

「ANA Wi-Fi Service」フライトマップで機内をより楽しくしよう

「ANA Wi-Fi Service」を利用するには、ANAの公式アプリが必要になります。スマホをお持ちで、まだ利用したことがない方は、ぜひ導入されてみることをお勧めします。

特に、小さなお子さんがおられる方は、このアプリはマストかもしれません!!笑
お子さんと一緒に楽しむことができると思いますでの、ぜひ使ってみてください!

フライトの時間を今まで以上に楽しくしちゃいましょう!

その他機内Wi-Fiに関しては、下記のANA公式サイトからご確認ください。

Wi-Fi・エンターテイメント|空港・機内で[国内線]|ANA

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!