【日本の滝100選】鳥取市にある雨滝で傘写真を撮りました【アクセスや駐車場情報も】

こんにちは〜!傘フォトグラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

先日、鳥取市国府町にある、雨滝へ傘写真を撮りにいってきました。


壮大な自然の中に佇む「雨滝」は、マイナスイオンもたくさん感じることができる素敵なスポットです!

傘を被写体に写真を撮っています

この記事を書いている僕は普段、傘を被写体に写真を撮っています。傘を人っぽく表現してみたり、それぞれの傘から溢れ出る個性を、最大限に表現することをテーマに写真を撮っています。

[kanren postid=”694″]

実際に撮った傘写真から、雨滝の雰囲気やイメージを参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

雨滝で傘写真を撮りました

千代川の支流で扇ノ山(おおぎのせん)を源流とする袋川の更に支流、雨滝川の標高500m地点にある。玄武岩の岩肌を飛沫を上げて落下し、水量が多く迫力がある。

古来より霊場として修行・信仰の場となっていた。かつて旧暦8月1日(八朔)には「お滝まいり」が行われていた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%BB%9D

昔から修行も行われていたようで、歴史も感じる滝です。

この雨滝は、「日本の滝百選」にも選ばれており、落差は40m。迫力満点の滝になっています。

ここからは、滝に向かうまでの道順を簡単にお伝えします。

滝へ向かう道

駐車場に車を止めたら、下の画像のように左手にある道を進んでいきます。

すると、道が二手に分かれるので、階段のある方へ進みます。
もう一方の道を進むと、滝の麓ではなく、遠くから眺めることができるスポットへ到着します。

奥に見えるのはトイレになります。お手洗い行きたくなっても安心です!笑

木に囲まれた階段を降りていくと、橋が見えます。その橋の方向に進んでいくと、雨滝の麓に到着です。

雨滝周辺の大小の滝

雨滝の手前や、周辺には大小48の滝があるようです。
下の画像の滝もその一つで、「布引滝」と呼ばれる滝になります。

細く長い滝になりますが、こちらも綺麗でしたよ。

雨滝で撮った傘写真

ここからは、実際に雨滝で撮影した傘写真を紹介します。

高さ40mから落ちてくる水たちの勢いは、非常に迫力あるもので、写真を撮りながらも圧倒される迫力がありました。

雨滝には駐車場があります

雨滝の入り口には、専用の駐車場が整備されています。
綺麗に改装されたようで、約20台ほど止めることができるようです。

遠くからお越しの方も、安心して観光できるかと思います。

雨滝へのアクセス

住所 〒680-0201
鳥取県鳥取市国府町雨滝
駐車場 あり
トイレ あり
お問い合わせ 鳥取市国府町総合支所 産業建設課
0857-39-0560
サイト https://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1096976555250/index.html

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!