IRとはどんなもの? − カジノだけでない統合型リゾートの実態とは

「IR法案によってカジノが日本にもできるぞ!」

カジノを含む複合型リゾートであるIRは現状、ギャンブル依存の観点からも賛否が別れるプロジェクトであるといえるでしょう。

そんなIRについて、多数の施設ができる巨大なプロジェクトであることはわかっても、実際にどのような内容なのかイマイチ理解できていない部分もあるかと思います。

今回はこのIRがどんなものか、一緒にイメージを掴んでいきましょう。

スポンサーリンク

統合型リゾート IRとは?

IRと聞けば一番に思いつくのがカジノかもしれません。

多数のメディアにも取り上げられ、IRを進めるために策定された法案はカジノ法案とも呼ばれています。

カジノだけではないIR

IR(Integrated Resort)は、統合型リゾートとも呼ばれる巨大なリゾートエリアです。

IRはカジノだけでなく、巨大なホテル・美術館・公園・アリーナ・劇場・温浴施設といったカジノ以外の多数の施設が併設される巨大なプロジェクトとなります。

こうした巨大なリゾート施設を通して、観光客の増加や新たなビジネスアプローチを行っていくことが、IRを導入する大きな目的です。

IRの建設を進めるためのIR法案(IR推進法)

これらのIRプロジェクトを進めるために、国会で可決されたのがIR法案、通称カジノ法案になります。

これまで日本ではカジノを合法としていませんでした。

ですが、このIRではカジノを開業することもプロジェクトの大きなポイントでもあるため、IR推進法によってカジノが日本国内において合法化されたという流れです。

カジノ法案と呼ばれる理由には、日本で初解禁であるといったことが特徴的でもあるため、こう呼ばれています。

注目すべきは MICE施設

もちろんカジノも大きな集客のポイントになるわけですが、IRの集客ポイントはそれだけではありません。

一番注目すべきはMICE施設です。

MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。

引用元:観光庁(http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/mice.html)

MICEはこれらの、巨大な催し物のことを指します。

国際的な会議や展示会といったものが当てはまり、世界中から、そのビジネスイベントのために多くの人が来日するのです。

日本にも国際会議が行える場所として、東京国際フォーラムやパシフィコ横浜などの施設が存在していますが、最大収容人数は約5000人規模。

後述するIRを実際に導入したアジアの他の国だと、7~8000人規模の収容人数を誇る施設がIR施設内に併設されていたりします。

なぜMICE施設が要となるのか?

現在の日本の国際会議に関わる点について、元在日米国大使館臨時大使も勤められ、現在は日本MGMリゾーツの代表執行役員兼社長でもあるジェイソン・ハイランドさんの著書『IR〈統合型リゾート〉で日本が変わる カジノと観光都市の未来』では、こう述べられています。

東京を中心に大きな会議や展示会を開くための施設は存在します。ただし、それらのために会場を訪れる人たちに、会議から仕事を済ませたあとの息抜きまでを単独で提供できる複合施設が1つもないのが現実なのです。

引用元:『統合型リゾート IRで日本が変わる』より

IRを導入すれば、一つの施設で一連の要素を賄うことができるようになります。

例えば

MICE施設で国際会議が行われ、巨大なホテルが莫大な数の参加者の宿泊を可能とします。

夕食はリゾート内の高級フレンチの名店で料理を楽しみ、寝るまでのちょっとした時間にスパ施設で体を癒したり、カジノでちょっと遊んで就寝。

会議のない翌日は朝からショッピング施設で買い物。

美術館や劇場、植物園で日本の伝統芸能や芸術、四季折々の植物や景色を楽しむことも可能です。

巨大な国際会議場を設けることで、多くの訪日観光客やビジネスマンを迎え入れ、そこから大きな経済の流れを作ることもできるようになると考えられています。

機会損失を減らせる可能性

こうした一連の体験が可能となることで、従来日本で行われていた国際会議で行くことのなかったお店へ足を運んでもらえる可能性も高まるでしょう。

これまでのホテルなら、行きたい料理店やショッピング施設へのアクセスが不便で面倒なことから、諦めていたということもあるでしょう。

そういった“めんどくさい”という気持ちを少しでも和らげられることで、これまで得ることができなかった新たなサービス提供の場が生まれる可能性があります。

 

このようにIRを導入することで、大きな経済効果を見込めそうな理由もわかりましたが、実際にIRを導入した事例どのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、日本でも高い認知度を誇るあの施設の事例をご紹介します。

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!