GAFAとは?− 現代社会をリードする巨大4企業の正体

「GAFA」

昨今よく見聞きするようになったこの4文字。特にビジネスパーソンにおいては特に、この4文字を見る機会が多いかと思います。

ですが、GAFAという文字だけを並べられても、その意味がよくわかっていない方もいるでしょう。多くの人がネットを中心とした生活を送ることになった現代において、このGAFAの存在は、欠かすことのできない存在となってきました。

今回は、そんなGAFAとは何を指すものかについてを解説していきます。様々なビジネスシーンで活かすためにも、また自身の教養の一つとしても、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

GAFAとは?

GAFAは

  • 「Google」
  • 「Apple」
  • 「Facebook」
  • 「Amazon」

これら4社の頭文字をとって表したものです。現代においてその力は強く、詳しくは後述しますが、世界の時価総額ランキングでも上位を占めるということからもこの4社に注目が集まっています。

Google

今やネットにおいて調べ物をするならば、Googleというプラットフォームでの検索は必要不可欠では無いでしょうか?

グーグルは現代人にとっての神であり、我々の知識の源である。常に身近に存在し、我々の奥深い秘密を知る。それをもとに、我々がどこにいてどこへ向かう必要があるのかを確信を持って教えてくれる。

引用元:『GAFA 四騎士が創り変えた世界』より


独自のアルゴリズム開発によってユーザーの検索意図にピンポイントで情報を提示。これまでに見てきた趣味嗜好を元にベストな提案を示すこともあれば、過去に検索した多数の人々の検索動向からベストな答えを導き出してくれることもあります。

また、最近はYouTubeの動画プラットフォームが当たり前となり、gmailはビジネスの場面でも大いに活躍。またクラウド管理による効率的なデータ管理のサポートや、Googleマップで日常をもっと便利にすることもあります。

このような数々のサービスは、検索だけでなく私たちの生活を大いに支えてくれているのです。

Apple

iPhoneやMacbookをはじめ、デバイスの選択肢としては世界的に熱狂的な支持を得ている企業がAppleでしょう。

アップルはビジネス界ではとうてい無理と思われてきた目標、すなわち低コストの製品をプレミアム価格で売ることに成功した。そしてアップルは歴史上最も利益の大きな企業となった。

引用元:『GAFA 四騎士が創り変えた世界』より

非常に高度な技術と洗練されたインターフェイスが特徴で、世界的にも熱狂的なファンが多数存在するほど、製品の影響力がAppleにはあります。

そんな製品を安く製造しうまく売りさばく姿は、規模の大小に関わらず新たなマーケティング手法として学びとなる部分が大いにありそうな企業です。

Facebook

「あいつ今こんな仕事してんのか。懐かしいな。」

そんな出会いや再会を楽しむことができるのも、Facebookの大きな魅力の一つでは無いでしょうか?

普及率と使用率を基準にすれば、フェイスブックは人類史上、最も成功している企業と言える。現在の世界の人口は75億人。そのうち12億人は毎日フェイスブックとの関わりを持っている。

引用元:『GAFA 四騎士が創り変えた世界』より

近年はInstagramの買収によってその勢力はより大きくなっているといえるでしょう。

また、Instagram、Facebook共通して広告を打ち出すこともできることから、一種のビジネスプラットフォームとしても大きく認知されているといえます。

最近流行りのサロン運営に関しても、Facebookグループが活用されていることもポイントです。

Amazon

家にいながら欲しかったあのアイテムを購入できてしまうAmazonのシステムは、まさに“便利”そのもの。

アマゾンの強みは生きるための必需品を手に入れるという退屈な作業のつらさを軽減していることにある。

引用元:『GAFA 四騎士が創り変えた世界』より

最近ではAmazon Dash Replenishmentと呼ばれるシステムによって、特定の機器を使用し残量が少なくなれば自動的に補充商品を発送してくれるシステムも。

1ヶ月ごとや数ヶ月ごとといった指定期間で定期的に荷物を届けてくれる定期おトク便など、日常生活をもっと便利にできるサービスが充実しています。

また、Amazonプライム会員による便利でお得なサービスの利用や、Fulfillment By Amazonによる出品の容易さは利用する一般ユーザーと販売者側のユーザー両方が非常に嬉しいシステムです。

関連記事

今や世界最大の通販サイトでもあり、世界の時価総額ランキング上位を占めるGAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)のうちの1つでもあるAmazon。 そんなAmazonにはフルフィルメント by Amazon([…]

関連記事

アメリカで生まれた巨大な企業であるAmazon。日本で生まれ、国内のEC関連企業としては最大規模の企業といえる楽天。 このAmazonと楽天は、一見同じようなビジネスモデルに見えますが、それぞれにはっきりとした違いがあることをご存知で[…]

なぜGAFAが注目されるのか?

これら4社はなぜ特別視されており、またビジネスシーンでも度々話題にされるのでしょうか?

時価総額ランキング

この4つの企業は世界の時価総額ランキングで上位となっており、2019年12月現在のデータでは

  1. Apple
  2. Microsoft
  3. アルファベット(Googleの会社)
  4. Amazon
  5. Facebook

といった時価総額の順位です。

これまではGAFAにMicrosoftをプラスした「GAFMA」とも呼ばれていましたが、現在はGAFAと呼ばれることが主流となりました。

これら4社は世界のトップ企業であり、それだけ各社が絶大な権力や影響力を持っていることがわかります。企業としての成長度合いも非常に速く、ネット時代らしく急速に普及していきました。だからこそ、GAFAという存在が重要視されるようになっているのです。

データ参考:世界時価総額ランキング2019 ― World Stock Market Capy

生活へ影響する“プラットフォーマー”であること

ここまでを見ていただいても分かる通り、各社それぞれ生活で欠かすことのできないともいえるほど絶大な影響を及ぼしているプラットフォーマーとなっています。

Googleは巨大なネットシステムとYouTubeという強いエンタメプラットフォームを提供しています。

AppleはiPhoneがスマートフォンとして当たり前のように使われ、Windows系PCと競り合うかのようにMacのPCを普及させています。

またFacebookは日常的なやり取り、人とのつながりを便利にする空間をネット上に作り出し、Amazonはネット上に巨大なお店を作ったことで、買い手も売り手もそこを拠点として生活をするようになりました。

こうして各社は私たちの生活を大きく支えているといえるほど重要な役割を示しているため、これからのビジネスを考えていく上でも非常に重要視されているのです。

GAFAが問題視されること

これだけ世界的に絶大な影響を及ぼしている影では、問題視されていることも多々存在しています。

プライバシー侵害

利用ユーザーの趣味嗜好、アドレスやパスワード、住所、年齢等々様々な個人情報が集約され、それを元に新たな広告活動やパーソナライズされたコンテンツの提供へ活用されています。

例えば、とあるサイトを閲覧していた時にふと広告画面で、あなたが少し前に見ていたAmazonや楽天の商品がスライドで流れるような光景を見たことがないでしょうか?

この様な、自分の過去の行動から最適化されたものを映し出すには、ある程度の個人情報がベースとして必要です。

こうした個人情報等の扱い方に関して、問題となっていることが一つ挙げられます。

Yahoo!ニュース 個人

公正取引委員会が、一般のサイトでのCookie利用を規制する方向で検討を進めていると報じられ、アドテク業界などネット関連…

その様な背景から、公正取引員会によるcookie(先述の様に事前に手に入れた情報からそれぞれのユーザーにパーソナライズする仕組みのこと)の規制についての話が出ているという報道もされました。

とはいえ、非常に便利な機能であったり、この機能に依存する様にビジネスを展開している企業が少なからず存在しているため、悪徳な入手を行なっている企業を慎重に摘発していけるかどうかも同時に議論されている様な形です。

労働環境の劣悪さ

GAFAにおいても、労働環境が劣悪であるケースもあります。その過酷さや待遇の悪さについてもしばしば問題視されることがありました。

【12月19日 AFP】英国放送協会(BBC)は18日、米アップル(Apple)製品を製造する中国の工場の労働環境を独自…

こうした問題は、GAFA以外の企業でもよく問題視されるもので、GAFAだけに限った話ではないでしょう。ですが、これだけ世界的に認知される会社であり、巨額の収益を上げているといった側面からも、特に下請けに近い仕事においては給与形態の見直しや労働時間・環境の見直しについて、改善を求める声が上がっている状況です。

もっとリアルな世界を知りたい方は、一度下の書籍を読んでみることをお勧めします。


こちらはAmazonやUberがベースとなっているため、GAFA全てにおける話ではありませんし、GoogleやFacebook等とは働き方のジャンルも違うので一概にはいえません。

ですが、時代を代表する企業であることには間違いありません。大手企業の華やかでイケてる!ともいえる革命的な活動だけにフォーカスせず、様々な問題点から読み取っていくことも大切でしょう。

 

この様に、GAFAは世界的に大きな影響を及ぼしており、私たちの生活において必要不可欠な存在となりました。だからこそ、これからの世の中やビジネスを知る上では欠かすことのできない企業として注目されているといえるでしょう。


Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!