デジタルトランスフォーメーションとはどんなもの? − 注目される5Gとの密接な関係

これからの時代に適した形へ変えていくとも捉えれるのが、デジタルトランスフォーメーションです。

そこには様々な定義もありますが、多くの企業・団体で導入に向けた多数の取り組みが行われています。

今回はそんなデジタルトランスフォーメーションがどういったものなのかを、野村総合研究所の亀井卓也さんの著書『5Gビジネス』よりできるだけわかりやすくご紹介致します。

特に5Gとの関わりが深いことは、一番のポイントともいえそうです。


スポンサーリンク

デジタルトランスフォーメーションとは

英語ではDigital Transformationと表記されるデジタルトランスフォーメーションは、その定義も様々なものがあります。

経済産業省が掲載している推進ガイドラインでは

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジ タル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのも のや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」

引用元:経産省ガイドライン(https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf)より

今回の参考図書となる『5Gビジネス』では

既存産業に通信やAI、そして多様なセンサーを埋め込み、社内の意思決定モデルやビジネスモデルを革新することを「デジタルトランスフォーメーション」といいます。

引用元:『5G ビジネス』より

他にも定義の形は色々ありますが、簡単にいうならば「ビジネスに関わることをデジタル化させて、さらに便利なものとしたり、そこから新たな展開を行なっていく」といった考え方でひとまずは良いかもしれません。

そうすることで、商品だけでなく企業全体としてもイメージ変革や、さらなる利益追及、企業内の体質を改善していけるというわけです。

5Gの重要性

様々なシステム・工程をデジタル化していくデジタルトランスフォーメーションにおいて、5Gの新たな技術は必要不可欠。

特に産業においては、5G導入による変革が大きい分野といえます。

5Gによって生活がどう変わるのかは、こちらの記事で解説をしました。

関連記事

TwitterやInstagram、Facebookをはじめとして、今や当たり前に使われるようになったSNS。 気軽に写真や文字を投稿でき、多くの仲間とも簡単に繋がれるSNSは、現代の新しいコミュニティの一つともいえるでしょう。 […]

この記事では生活における5Gの変革をお伝えしておりますが、ビジネス分野に関しても産業含め、5Gは大きく変革をもたらしてくれると期待されています。

期待されるデジタルトランスフォーメーションのかたち

デジタルフォーメーションを行なっていくことによって、ビジネス面ではどんな変化がもたらされていくのでしょうか?

ここからは、5G導入による変革も合わせて、特に関わりの深い製造業を中心に話を進めていきます。

5G導入も一番期待される製造業

これから先を見据えたデジタルトランスフォーメーションを行なっていく上で、5Gの技術は欠かすことのできないものでもあります。

そうした中でも、製造業は一番変革に期待される分野です。

5G通信の特性である、低遅延と高い信頼性のある通信は、これまでよりもロボットや機械による製造に頼ることができるようになります。

浮上する問題点

通信需要が大きいのはやはり都市部のスマートフォン利用によるものであり、5Gも都市部から整備されていくことになります。

引用元:『5G ビジネス』より

製造を行う工場が立てられるのは、立地的な問題からも都心部から離れていることも少なくありません。

そうしたことから、製造業におけるトランスフォーメーションをさらに進展させるために必要な“電波”が、なかなか整備されず、完全な整備までにかなりの時間を要する可能性が指摘されます。

都市部とそうでない地域との格差が、産業面での整備にも波及する可能性があるということです。

これでは、期待される分野でもあるだけに、もったいないようにも感じてしまうでしょう。

そうしたことを解決するために、新たな取り組も一緒に進められているようです。

救世主はローカル5G

このような問題を解決するために、現在検討されているのがローカル5Gです。

ローカル5Gとは、「自己の建物内」または「自己の土地の敷地内」でのみ利用を許可された5G周波数を割り当てるというものです。

簡単にいえば「特定の建物・場所で誰もが5Gサービスを提供できるようにする」という仕組みです。

引用元:『5G ビジネス』より

このローカル5Gの導入が進められると、都心部から離れた比較的整備の遅い地域や、場合によってはなかなか整備が進まない山間部においても5Gによる通信を行えるようになります。

実際に人口減少が問題視されている地方都市や、山間部の地域では特に、ローカル5Gは大きな助け舟となるかもしれません。

5Gを活用し、デジタルトランスフォーメーションを行うことによって、人員をかけることなく効率的な生産が行えます。

また、回線の安定や通信速度の安定は高い信頼性も保ち、多数同時接続も可能なため、一度にたくさんの危機を接続して稼働させることも容易になります。

デジタルトランスフォーメーションは、ただ単純に業務を改善するだけでなく、こうした人員不足といった問題も解決に導いてくれる有用なアクションの一つとなるのかもしれません。

また、こうしたローカル5Gのような特別な動きは、産業への大きな期待がされる5Gならではのものともされ、5Gはそれだけ注目度の高い通信規格でもあるともいえるでしょう。

 

こうして5Gも活用されながら、今後の産業をはじめとしたビジネスシーンでは、デジタルトランスフォーメーションへの動きがますます活発化されるはず。

私たちが今後、新たな製造や産業へ足を踏み入れるときがあれば、こうしたことも知りながら、今までにない新しい提供の形へとトランスフォームする必要があるといえそうです。


Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!