写真を撮る場所に迷った時の簡単なアイデア【行きつけの公園を見つけよう】

こんにちは〜!傘フォトグラファーのKamitani(@umbrellaly)です。

  • 最近写真を撮る場所で迷う
  • 写真を撮っている時の周りの目も気になる
  • 撮影スポットをどうやって見つけよう
  • 何か新しい撮影スポットを見つけたい

このような悩みを少しでも解消できる、簡単なアイデアをひとつご紹介します!

結論から言うと、自分の地域(休みの日とかに行ける範囲内)にある公園を制覇してみるのが結構おすすめです。

今日はこの辺りに触れていきます!

スポンサーリンク

写真を撮る場所に迷った時の簡単なアイデア

僕は普段フリーランスでフォトグラファーをしつつ、自分の作品方面での写真として、傘を被写体に写真を撮っています。

自分の技術や表現を最大化していけるよう、積み重ねていくことと並行して、TwitterやInstagramで発信をして、少しでも多くの人に楽しんでもらえる写真にしていくことを目指して写真を撮っているのですが、やはりバリエーションに富んだ表現をしていきたいもの。

そのためにも、様々な場所で撮影することを意識しているわけですが、色々な公園に足を運んでみるのは、比較的誰にでもやりやすくて、且つ面白い写真も撮りやすいと個人的に思っています。

周りの目が気にならないのが1番のメリットです

撮る場所で悩むときに、結構大きなポイントとなってくることの一つに、”周囲の人達からの目”が上げられると思います。(気にならない方は、読み進めてください笑)

例えば、街なかで一人で写真撮るのって結構勇気いりますよね。

ストリートフォトやスナップを撮りたい!と思っても、どうしても恥ずかしくなってしまったり、もしかして迷惑かな?なんて思いが浮かぶこともしばしば。

ですが、公園だと、割と自然に撮りやすいです。理由としては、

  • 公園に撮りに行く人が多い=自分の存在が浮きにくい
  • 自然豊かな公園ほど、人気も落ち着いていたりする
  • 四季折々の自然を楽しむことができる
  • 動物もいたりする
  • 公園内カフェでテイクアウト→買ったものをベンチで可愛く撮るみたいなこともできる

それぞれの公園によって違うかと思いますが、広い公園だといい感じで人が分散されていて、あまり他の人を気にしなくても良かったりします。

カメラを持って公園に行くことは、街中で写真を撮っているよりも、みんなの共通認識的に不自然感もないと思うので、そういった一般的なイメージから考えても比較的他人の目を気にせず撮りやすいですね。

また、公園の規模によっては、四季折々の自然が楽しめたり、動物がいるゾーンがあったり、中にはカフェが敷地内にあるなんてこともありますよね。そういった面でも、街なかとはまた違った、景色やシチュエーションの中で、落ち着いて自分の写真に取り組めるのは大きなポイントです。

制覇してみると結構自分の力にもなります

上で説明したような公園もあれば、そうでない公園もあると思います。大小様々な公園が皆さんの周りにもあると思いますが、片っ端から行きまくって、制覇してみちゃうと、結構自分の力になります。

何が力になるかというと、

  • 撮影スポットのバリエーションが増える
  • 自分の撮りたいイメージによっての使い分けが可能
  • 誰も知らない穴場スポットが知れることも

一番のポイントは、自分の中での様々なバリエーションが単純に増えるので、表現の幅が大きく広がります。

例えば、ポートレートを撮られる方なら

  • 青く淡い色が特徴的なベンチがある公園
  • 小さいけど、遊具がすごく味を出している公園
  • とてつもないほどの数のイチョウの木に囲まれた公園

こういった三つの公園が仮に選択肢にあれば、それぞれのモデルさんの雰囲気や、自分の理想となる写真のイメージに合わせた公園を選ぶことが可能です。

すごく当たり前のことかもしれませんが、スポットを決めたり、探すことに、はじめの頃や、慣れてちょっとした頃なんかでも悩みやすい部分かと思うので、自分の中での引き出しを可能な限り最大化していきましょう。

また、一つポイントとして、住宅街のど真ん中とかにある本当に小さな公園なんかでも足を運んでみることをおすすめします。

場所的にあまり気づかれていないだけで、すごく魅力的な穴場スポットだった!なんてことも考えられますので、とにかく色々な公園を時間や気持ちの許す限り訪れて見てください。

仮に、行ってみた小規模の公園が、あまりしっくりこなくても、なんか面白いアイデアはないかな?と自分の中で色々挑戦してみるのも結構面白いですし、自分の力にもなっていきますよ!

”行きつけ”を見つけると最高に面白いです

たくさんの公園に足を運んで、自分の中でのバリエーションや選択肢が増えてくると、ここの公園は撮りやすかったな!面白かったな!とだんだんわかってくることがあります。

そして、その後も何回か訪れてみることで、自分の行きつけの公園ができてきます。

この”行きつけの公園”をぜひ見つけてみてください!

そうすることによって、自分の中での武器となるくらい得意なスポットが出来上がります。これってすごく面白くて、誰にも知られないような場所であるほど、自分だけの写真感が出るので自分の写真にさらに特別感を感じれます。

そのことによって、もちろんモチベーションアップにもつながりますし、何と言っても、自分の中の表現として、一つの武器にもなります。

ぜひ、自分の行きつけの公園にも出会ってみてください!

家を飛び出して、素敵な写真・自分に出会いましょう

以上、まとめると

  • 公園に行きまくるといい
  • 最大のメリットは、人の目があまり気にならない
  • とにかく色々な公園に行きまくって自分のバリエーションを増やす
  • 行きつけの公園に出会う→自分の武器の一つに

とにかく様々な場所に、足を運んでみるのが一番です。行ってしっくりしない場所でも、そこで新たな表現方法を模索することも自分の成長に繋がりますので、様々な場所に足を運んでみましょう!

そうして撮った写真をSNSで発信していくと、新たな仲間に出会える可能性もありますし、逆にスポットの相談を受けることもあるかもです。

積極的に色々な公園へ行ってみて、行きつけの公園を見つけてみてください!

僕も色々行きまくろうと思います\(^^)/

[kanren postid=”643″]

 

Twitterアカウント始動

降り頻るNews・情報の雨 良くも悪くも明日は我が身!我が身を守るもまた我自身。
『貴方は傘をお持ちですか?』

いま、はじめよう。

最新情報をチェックしよう!